蒐集

鮮やかな憧憬

アンバランス

最近,自分のことが全然わからない.ただなんとなく居心地が悪いんだけれども,具体的な不具合は同時多発的にあちこちで起きていて,見通しのいいところに原因が転がってる,なんてことはなさそうだった.

とはいえ人と話してる感じから,キーワードはバランスかなという印象を持っていて.それは例えば,他者評価と自己評価に齟齬があるとか,成果を焦って集中し辛くなったとか,楽しいはずの時間を過ごした後に猛烈な虚脱感が襲ってくる,というところからそう感じる.まあでもバランスという言葉自体は,こんな風に居心地の悪さを漫然と並べて,じゃあ今度はどうくくると短く説明できるかなと考えると,比較的妥当な気がしたってだけなんだけど.

バランス.

具体的に何と何のバランスかというと,言葉と身体という風に線を引くのが妥当かなと思う.心と身体,ではなくて,言葉と身体の釣り合いがうまくいってない.たぶんね.

……と,言葉を進めてみたものの,ここまでに何回「気がする」とか「思う」とか書いただろう.結局,この疲れた感じの大部分は,こういう不明瞭な言葉で櫓を組んでいる気持ち悪さなんだろうなと思うんだよね.僕の言語運用能力か抽象化のセンスがダメなのかもしれない.

というかもう,ぶっちゃけとてもしんどい.しんどい……

自分のよくわからないところの一つに,自分の使う言葉の解像度は低いと思っているのに,まるで言葉が万能であるかのように,言葉にすがって意思を決定したり,何かを理解しようとするところがある.今こうして,のらりくらりと言葉を書き連ねているのだってそうだ.

丸く線を引いて,その内側と外側に要素を選り分ける.そうやって類別してたくさん集まった,閾値内の似たものそれぞれに単一の意味内容を抱く.それが僕らの使う言葉と,それに対応する概念で,ちょうど目的に合わせて顕微鏡の倍率を変更して行くように,丸のサイズを変更して,言葉は機微に対応しようとする.

目的ありきというか、道具的というか、常に行為の対象として世界を扱うような場面で,この営みは確かに強力だけれど,裏を返せば価値尺度による恣意的なフィルターを用いて情報を落とす分,時々こうしてわからなくなるんだと思う. 

本当のこと(本当のことってなんだ)を言うと,ある点からある点まで腕を動かす時にすら脳は意思決定をしていて.運動を細分化すれば,腕を動かすときに,はじめはゆっくりと動かし始めて段々と速度が上がり,どこかで最大速度に達し,目標地点でまたゆっくりと腕を止めるような軌道を描くように動かしている筈で,それはそれとして脳内では演算が行われている.でも現実として,トルク変化最小モデルとか難しい話を読むまでもなく,僕はそれを言語化せずに扱う(意思決定する).

僕は言葉をかなり単純な構造として理解していて,その上でその力強い恩恵を受けているし,慣れ親しんでもいる.言い換えると,価値尺度の従って物事をはかり,選り分ける営みによって(それはつまり言葉によって)世界をもう一つ作り直してきたということなんだと思う.自分でビルドした世界はなんとなく見慣れているし,そういう練習をいつもやってきたなら,その道具だけでは乗り切れないところでも,無理してその道具だけでやりくりしようとする向きが自分のなかにあるのは自然な流れなのかもしれない.

言葉だけ,とか,非言語だけ,だと不十分な部分に自分が弱いとして.例えばどんなところかっていうと,さっき言ったみたいな,他者評価と自己評価に齟齬があるとか,成果を焦って集中し辛くなったとか,楽しいはずの時間を過ごした後に猛烈な虚脱感が襲ってくる,というところだったりしないかな.

自分のうちだけだったら,自分にとって自然な形に留めておけるけど,他者と接点ができると,そういうわけにいかないっていう部分.そういう機微の中で,わざわざ他の選択肢を全部殺した上でぎこちなく不十分な言葉を暴力的に使っていたりしないかな.

だとしたら.……この上で,また不安定な櫓を組もうとしている自分がいるけれども,だとしたらね.結局そういう異常行動が起きている理由って,コミュニケーションの問題ということで納得して,何か対策を立てることはできないだろうか.

とかなんとか.少し考えていたのだけれど.大前提として,ちょっとヒューリスティックな物に頼りすぎるところが,自分にはあるのかもしれない.その場合,自分は普通に,考えるの向いてないね.

岐路

一切は信仰の問題だと,確かに僕は思うのだけれど.話すのが好きで,配慮なく話しすぎてしまう僕は,とかく敵を作りやすい.

たぶん,どこかに胸中をぶちまけられる場所を求めていて,身体を意識しないネットの海は向いていたんだと思う.誰にも話すべきじゃない話をするのに,誰でもアクセスできる場所を選ぶっていうのも本当はおかしな話なんだけれども.それでも場所に(人に?)飢えているから,やっぱりインターネットは捨てられなかった.

ブログなら読みに来ないといけない訳だから,SNSに垂れ流すより幾分マシじゃないかなと思うんだけど.実際のところはチョットわからない.

なんだろうな.この文章を書きながら,得も言われぬ感覚に襲われていて.

柔らかく冷たいような.微妙に虚しいような.……何かが噛み合ってない事は自分にもわかるんだけど.その機微が掴めない.

pythonの代入系の処理のちょっとトリッキーなやつ

増減します

1、変数に文字列+数字の変数を代入して一つのテキストデータにしたい

普通の書き方だと配列になる

$word = "test",123
$word
('test', 123)

これを、word = "test123"みたいな形にしたい。

やりかた①

$ "".join([str(s) for s in ("test", 123)])
‘test123’

やりかた②
これは、合体する変数の数が決まっている時

$ "{0}{1}".format("test", 123)
‘test123’

ちなみに、文字列だけ合体したい場合は簡単

$"".join*1
'hogefuga’

*1:"hoge", "fuga"

selenium web driver with python -アラートの処理に関して-

アラート処理

self.click( '[class=image]',0)
try:
alert = self.driver.switch_to_alert()
alert.accept()
except:
print ("no alert to accept")

とりあえずこんな感じ

pythonのクラスとインスタンス

ちょっと大きいコードを触った時に?となったのでメモ

% python [14:18:56]
Python 2.7.6 (default, Sep 9 2014, 15:04:36)
[GCC 4.2.1 Compatible Apple LLVM 6.0 (clang-600.0.39)] on darwin
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> class A(object):
... count = 0
... def hello(self):
... print("Hello {0}".format(self.count))
... self.count += 1
...
>>> a1 = A()
>>> a2 = A()
>>> a1.hello()
Hello 0
>>> a1.hello()
Hello 1
>>> a1.hello()
Hello 2
>>> a1.hello()
Hello 3
>>> a1.hello()
Hello 4
>>> a1.hello()
Hello 5
>>> a1.hello()
Hello 6

>>> a2.hello()
Hello 0

selenium webdriver for pythonの実行環境

構成

dockerとかローカルサーバとか色々試してみたけど、ローカルにseleniumとChromdriver入れて動かすが吉。だった。
何しろ早い。

macへのインストール

pyenvかなんかのpython環境を用意してから

$pip install selenium
brew install chromedriver

基本こんだけ

設定

コードへの記述方法は場合によるけれどもwebdriver.Remoteとかに

command_executor='http://127.0.0.1:50257',desired_capabilities=DesiredCapabilities.CHROME

こんな感じのを書いておいたらそれで動いたよ

基本的にクロームドライバーを起動してからそこで言われるポートを指定しておけばいいはず。brewで入れたなら、where chromedriverしたら場所がわかるし、そのディレクトリまで行って./chromedriverしてやれば起動するよ

^_^ /usr/local/bin (master)
% ./chromedriver [10:07:08]
Starting ChromeDriver 2.17.340128 (994135a3538dd99439ef22cea8a9b098e00d8eb4) on port 50257
Only local connections are allowed.

みたいな感じで表示されるはずなので、この場合なら50257をしていしてやる。(↑の例)

ubuntuでとりあえず設定したことまとめ

1,apitudeいれる

新しく始めるならこっち使おう.apitudeでインストールしてないとそのインストールログが利用出来ないので,パッケージのアンインストールや依存関係絡みでバグがあった時はapt-getでやるといいのかなあ,
sudo aptitude
でパッケージがツリー状に見えたりする.使い方わかってきたらもう少し詳しく書きたい.

とりあえずがっつりいろいろ入れとく

2,sshまわり

ubuntuはまずsshインストールしよう.いか,一応apt-getで書いてるけど,aptitude入れた人はせっかくだしそっち使ってください.

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install ssh

設定ファイルは/etc/ssh/以下にできる.おもに設定を書いておくのは/etc/ssh/sshd_config
sudo /etc/init.d/ssh restartでrestartできる.
公開鍵を置いておく場所はここではなく,自分でホームディレクトリ下につくる
気をつけるべきは,この辺の設定はパーミッションがセキュリティ的に問題あるとアクセスできない.

$ mkdir ~/.ssh
$ chmod 700 ~/.ssh

鍵はすでにできているものとして,自分のmac側とかから公開鍵(.pub)を送ってやる.ちなみに,鍵は使い回ししておっけーだよ.

$ scp .ssh/id_rsa.pub (ubuntuのあいぴーアドレス):~/

公開鍵はさっき作ったディレクトリ~/.ssh下のauthorized_keysというファイルに集められる.さっき公開鍵id_rsa.pubを~/に送ったので下記のコマンドでコピーしとく.
初回時はauthorized_keysのパーミッションの変更も行う.

$ cat id_rsa.pub >> .ssh/authorized_keys
$ chmod 600 ~/.ssh/authorized_keys

一応,作った鍵のパーミッションはコマンドls -la ~/.sshで確認できるよ.-rw-------とかになってたらおっけー♪
試しに接続してみよう.

$ssh -i .ssh/id_rsa test@ipアドレス

初回接続時は,鍵のパスワードを聞かれるよ.このときのパスワードは,サーバーへのログインパスじゃなくて,鍵を作ったときに設定したパスワードだよー

ここで接続が確認できたら,セキュリティ向上のために/etc/ssh/sshd_configをいじるよ.基本的には公開鍵認証を可とし,パスワード認証を不可にして,あとはポートの変更をする.

最後に,楽に接続できるよう接続側(mac側)の~/.ssh/configに設定を書く.だいたい書式は以下のような感じ

Host hoge
HostName hoge.in
Port 12345
IdentityFile ~/.ssh/identity
User hogehoge